連符

やさしい楽典

音楽をするならこれだけは知っておきたい!
そんな楽典(音楽理論)の基礎の基礎を優しくシンプルに解説する「やさしい楽典」。
今回のテーマは連符(れんぷ)です♪

連符とは?

前のページ音符と休符(2)では、いろいろな種類の音符を見てきました。
ここでもう一度、単純音符を見てみたいと思います。

単純音符 長さの比

それぞれの音符の長さは、2倍ずつの比率で変わっていますね。
例えば四分音符を2分割したら、八分音符2つになります。
そして実際の音楽では、2分割ではなく3分割、5分割、7分割…などなど、いろいろな長さの音符を使います。
このように、特殊な分割で出来た音符の連なりが連符です。

3分割ならば3連符、6分割ならば6連符。
2連符や4連符もあります。(あれ?なぜ?…の答えは下記で)
以下で代表的なものを見ていきましょう。

3連符

まずは連符の中でダントツに使われる3連符を見てみましょう。
3連符は、2等分されるべき音符を3等分したものです。

3連符

3連符を取り入れた練習曲です。
2分割と3分割の違いを感じてください。

3連符の練習曲

6連符

3連符に次いで使われるのが6連符です。
6連符は、通常ならば4分割するものを6分割にしたものです。

6連符

こちらも実際の楽譜と音とで確認してみましょう。

6連符 例

ところで上の曲、前半の6連符は[3+3]、後半の6連符は[2+2+2]に聞こえませんか?

このように6連符は[6÷2]のタイプと[6÷3]のタイプがあります。

2連符、4連符、8連符

このページの最初に、単純音符の長さは、2倍ずつの比率で異なると書きました。
なのに2連符?4連符?と思われたかも知れません。
ですが2連符、4連符、8連符となるのは付点音符なのです。

2連符

そしてこれら連符が使われるのは、3拍子、6拍子、9拍子など3の倍数の拍子がほとんどです。
(拍子については後のページで説明)

2連符

通常3分割するのを2分割したものが2連符です。

2連符

4連符

通常3分割するのを4分割したものが4連符です。

4連符

5連符、7連符、9連符ほか

5連符…通常は4分割または3分割するものを、5分割したもの。
7連符…通常は4分割または3分割・6分割するものを、7分割してもの。
9連符…通常4分割・8分割するものを、9分割したもの。

5連符と7連符を取り入れた曲です。

5連符 7連符

その他、10連符、11連符、12連符、それ以上も存在します。