Mobile Ads SDK を手動でインポートする

制作メモ:iOSアプリ

なんかもうこういう事がとっても苦手です。
CocoaPodsを使って成功したこともあるけれど、CocoaPods無知者としては「本当に、本当にこれで良いの?」と不安が付きまといます。
なので今回は手動でインポートをしようと思います。
Firebaseも導入しません。私には不要。とにかく余計なことはしたくない。
またすぐ忘れて、次の回に不安とストレスを抱えそうなので、備忘録として書いておこうと思います。

最初の最初

アプリを登録しておくこと!
新規アプリの場合は、
Google AdMob > アプリー「アプリを追加」
のところからアプリを追加しておく。

さあ、手動でインポートだ!

Google AdMob > Mobile Ads SDK(iOS)
https://developers.google.com/admob/ios/quick-start?hl=ja
のページの手順に沿います。

「CocoaPods(推奨)」と先に書いてあるのを無視し、「手動ダウンロード」のところへ。

SDK フレームワークを直接ダウンロード

上記ページリンク先から「googlemobileadssdkios.zip」というファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルの中に下記4つのフレームワーク
・GoogleMobileAds.framework
・GoogleAppMeasurement.framework
・GoogleUtilities.framework
・nanopb.framework
があるので、それをXcodeプロジェクトにインポートします。

が、この時に注意!超注意!!

ここ(Targets > General > Linged Frameworks and Libraries)の追加ボタンから追加すると、追加されたような顔をして実際はされていないようなのでダメです!!
いつものファイルを追加する手順(“Add Files to 〇〇”)で、Copyなんちゃらにきちんとチェックマークを入れて追加します。

そうしないとGoogleのモジュールが認識されず、泣きます。

リンカーフラッグを追加する

Xcode > TARGETS > Build Settings > Linking > Other Linger Flags
に、
「-ObjC」
を追加します。

以前この作業を抜かしていて、Googleのモジュールが認識されずに途方に暮れたのだった…

Info.plistに追加

Info.plist ファイルに、
・GADApplicationIdentifier キー
・AdMob アプリ ID の文字列
を追加します。

以前ここに間違えて広告ユニットIDの文字列を入力してしまって、広告が表示されずに途方に暮れたのだった…

初期化する

(Objective-Cです)

@import GoogleMobileAds;
と、
[[GADMobileAds sharedInstance] startWithCompletionHandler:nil];
を、AppDelegate.mに追加。
後者はdidFinishLaunchingWithOptions:のコード内に加えます。

これで初期化が完了。

コード書き書き

ここは多分どんどん新しく変化していっています。
なので
Google AdMob > Mobile Ads SDK(iOS)> 〇〇広告
のページを読みながら、自分に必要なものを必死でコピペします。

シミュレーターでテストだ!

さて、やっと全過程が終わった(つもりな)ら、テストです。
私は自分に自信がないので、とてもドキドキする瞬間です。

出来たぁぁ!!
「Nice job!」頂きましたぁぁ!!

あとは本番申請する際に、Test ID を自分のIDに入れ替えることを忘れないようにします。

めでたし、めでたし。